活力ある組織に必要な  職場における心の健康づくり


「ストレスを成長のエネルギーに変える組織力」
仕事をする上で、ストレスが全くないということはありえません。
過度のストレスを適度なストレスに変え
個人個人を成長させるエネルギーとして利用するように支援することが
企業に求められるこれからのメンタルヘルスケアだと考えます。

経済成長が行き詰まり、社会情勢も不安定な中
組織には常に変化し、成長することが求められています。
一方、雇用スタイルの多様化、生活スタイルの変化など、価値感の多様化は
同じ組織で働く人たちの間に、様々なギャップやストレスを生み出しています。

次から次に想定外の問題が起こる現代は、
違った価値感をお互いに認め合いながら
異質だからこそ出し合えるアイデアを活かして課題に立ち向かい
組織の活力を高めていく時代だと言えます。

働く人たち、個人個人がそれぞれの
ストレス耐性、コミュニケーションスキル、自己肯定感を高める
多面的な心の健康づくりが必要です。


うつ病は早期発見が大切!


 うつ病の前兆には、
眠れない、食べられない、全身倦怠感、体調不良、原因不明の体重減少、やる気が出ない、不安・焦燥感、いらいら感、自責感、集中力の欠如(ミス、身だしなみ、遅刻)などがあります。
 これらの前兆に早めに気づいて対処することでうつ病の発症を防ぐことが可能になります。
 特に、睡眠と食欲については、自覚しやすいので、本人も周囲も気をつけることができます。

 食欲がない、何食べても砂を噛むようで美味しく感じない
はキャッチしやすい危険信号です。
 また、睡眠の状態も自覚しやすいです。
「疲れているのに眠れない」とエネルギーは失われ、自然治癒力が低下して病気にかかりやすくなります。
 最近では、不眠がある人は不眠のない人に比べ、3年以内にうつ病を発症するリスクが4倍になるなど、不眠とうつ病の関連性が注目されています。
 
寝つきに30分以上かかる、途中で何度も目が覚める、朝やたら早く目が覚める、熟睡感がなくなるなどに気がついたら、生活習慣を見直して質のいい睡眠を取る工夫が必要です。
 具体的には、仕事の仕方を再検討する、寝る前4時間のカフェイン摂取を避ける、ぬるめのお湯での入浴や音楽などでリラックスする、目覚めたら日光を取り入れる、ウォーキングや適度な運動で体を動かす趣味など自分のための時間を確保する、休日の過ごし方を工夫する、などがあります。
 
症状が2週間以上継続する場合は、早めに産業医や関連機関に相談することをお勧めします。


心の健康づくり計画策定について

 厚生労働省は「労働者の心の健康の保持増進のための指針」を定め、職場におけるメンタルヘルス
対策を推進していますが、各事業所では具体的にどうしたらいいのかわからないというのが現状です。

 Officeプラスαでは心の健康づくり計画策定のお手伝いもしております。





           <厚生労働省:労働者の心の健康の保持増進のための指針より抜粋>




心の健康づくり プログラム


ストレスチェック
 各種のチェックシートを利用して、個人のストレス度と組織のストレス度をチェックします。
 チェックの結果は、個人には個人結果表をお返しします。
 全体の傾向を集計分析した報告書を作成します。

 
東京メンタルヘルス株式会社のストレスチェック票
  
(メンタルスクリーニングシート:MMS)を取り扱っています。

個別相談・個別カウンセリング
 ストレスチェックの結果を参考にしながら、ご本人が気になっていることを
 お話しいただきながら、効果的なストレス対処法についてお伝えします。
 必要に応じて、カウンセリングも行います。


ストレスケア、メンタルヘルスケアについての研修
 「事業場における労働者の心の健康づくりのための指針」に沿った
 セルフケア、ラインケアに必要な心の健康についての知識やストレス対処法について
 分かりやすくお伝えする研修です。


コミュニケーション研修
 異なる価値感を持つ者同士が様々な課題を乗り越えながら
 同じ目標に向かって協力していくために必要なアサーションスキルを中心に
 自分も相手も大事にしながら対等の立場で伝え合うコミュニケーションスキルを
 体験を通して学ぶ研修です。


新人研修
 
社会人として、新しい生活をスタートする時、心は期待と希望にあふれていますが
 同じくらいに不安や心配もあるものです。
 できるだけ失敗しないように、迷惑をかけないようにと頑張ることは大切ですが
 例え失敗をしたとしても、そこから学び成長する逞しさも必要です。
 
目標に向かってスモールステップで行動できる自己イメージを高める研修です

管理職研修
 パワーハラスメント、アカデミックハラスメント、セクシャルハラスメントetc.
 管理職に厳しい視線が向けられる中で部下を育てパフォーマンスを上げるには
 表面的なビジネススキルだけでは対応できなくなっています。
 叱る、褒める、指導する、依頼する等のあらゆる場面において
 自分の思いを誠実に伝え、相手の気持ちを受け止めるコミュニケーションを通して
 自分自身の在り方を確認する研修です。



最近の主な研修先(敬称略)


宮崎県 宮崎市 宮崎市水道局 JA宮崎 NOSAI連宮崎 宮崎県労働者福祉団体中央会 国富町社会福祉協議会 宮崎県歯科衛生士会 宮崎中央眼科病院 けいめい記念病院 デイサービスセンターゆっとねす 社会福祉法人慶明会 日本電信電話ユーザー協会 雲海物産株式会社 村上三絃道 株式会社アイトップ 宮崎グリーンホテル フィットスパわくわく NPO法人さざなみの会 日本秘書クラブ九州 宮崎県中小企業家同友会 他                                                                                

お問い合わせ

 Tel: 080-1788-6787
 Mail: social@oasis.ocn.ne.jp

 
 カウンセリング中は大変申し訳ありませんが、留守電になっています。
 お手数ですがご伝言をお願いいたします。折り返し、こちらからご連絡いたします。

                                                                                                このページのトップに戻る